目の下の小じわ、どうしたらいい?

目の下の小じわ、どうしたらいい?

眼下細紋

目元から年齢がわかってしまう?!そんな心配はもう必要ありません。

3分で理解できるスキンケア方法

 

年齢を重ねると、顔、特に目の下に小じわが現われてきます。目の下の小じわは老けて見えるだけでなく、メイクをしても粉浮きしやすく、目も小さい印象に。では小じわが現われたらどうしたらいいのでしょうか。

ここでは小じわの原因と改善のためのスキンケアについて解説します。小じわの悩みにサヨナラして、自信と笑顔を取り戻しましょう。

 

どうして目の下に小じわができる?目の周りの表情筋の頻繁な動きが原因

顔の皮膚の厚さは1㎜ですが、目の周りはわずか0.04㎜と、顔と比べて目の周りの皮膚はとても薄いです。さらに目の周りにはエラスチンと脂肪細胞が少なく、筋肉組織が多くあり、あらゆる表情がまぶたの動きにつながっています。まぶたは一日に平均で約1万回のまばたきを繰り返しており、このような頻繁な筋肉の動きによって、眼の周りのコラーゲンは失われやすく、目の下に小じわが現われてきます。

悩みの種の小じわはどうやって改善すればいいのでしょうか。次に美容医療と普段のスキンケアについて紹介します。

 

目の下のシワはどうやって改善する?一般的な美容医療の方法

現代の美容医療技術の発展は著しく、美容医療を利用して若々しい肌を取り戻すという方も少なくないでしょう。よく見られる3つの美容医療について整理しましょう。

肉毒桿菌 ボトックス

まばたきや目をこする、など筋肉を繰り返し収縮することでできる眼の周りのシワには、ボトックス注射が効果があります。ボトックスは眼の周りの筋肉を弛緩させ、シワの形成を遅らせることができます。

皮秒雷射 ピコセカンドレーザー

ピコセカンドレーザーは、高エネルギーのプローブで表皮にダメージを与えることなくコラーゲンの生成を促し、目の下のシワをなめらかに消す効果があります。

音波拉皮、電波拉皮 ハイフ、サーマクール

目の下のシワがひどい場合には、ハイフやサーマクールでのリフトアップもいいでしょう。皮下組織にエネルギーを与え、コラーゲン生成を刺激し、眼の周りの皮膚を引き上げてくれます。

 

美容医療施術後は効果がすぐに出ますが、たとえどんな施術であってもリスクは付きもの。また術後の回復状況も人によって異なるので、やはり日頃のスキンケアで肌を良好な状態に保つことがおすすめです。

 

目の下のシワ改善、4つの方法 日ごろから滑らかな肌のためのスキンケア

普段の生活習慣や年齢が肌老化の進行に影響を与えます。増え続ける目の下のシワを改善したいと思ったら、次の4つのことから始めてみましょう。

1.日焼け止めを忘れずに

肌の老化を引き起こす主な原因の1つが紫外線です。眼の周りの皮膚は大変弱く、日光に対して非常に敏感なため、紫外線に当たると眼の周りを支える繊維が弱くなって小じわができやすくなります。外出時には日焼け止めを忘れずに塗り、またサングラスや帽子などで直接目に日光が当たらないようにしましょう。

2.きちんとクレンジング

目の周りにメイクが残っていたり、古い角質がたまっていたりすると、肌が劣化するだけでなく、小じわが現われやすくなります。洗顔やメイク落としには低刺激のマイルドな洗顔料を使って、目元をきちんと洗いましょう。

3.大げさな表情を作らない

口を開けて大笑いする、まばたきやしかめっ面をする・・・無意識に繰り返している表情によって肌にクセがつくと、それが小じわとなり、だんだんと元に戻らず深いシワに変わってしまいます。小じわが深くならないように、必要以上に大きな表情を作らないなど、注意が必要です。

4.保湿はしっかり

目の周りは汗腺が少なく、水分がすぐに蒸発してしまうため、肌が乾燥して小じわが出やすいパーツでもあります。ですからコラーゲンの流失を防ぐために、エンザイムやヒアルロン酸配合のアイセラムやアイクリームなどを使いましょう。その際に指先を使って軽いタッチでトントンとなじませると、成分の吸収を助けるだけでなく、目の疲れも和らげてくれます。

 

目の下のシワにおすすめ

サイプレス・セラ アイリンクルケア

目の下のシワを改善したいなら、日頃のスキンケアが欠かせません。サイプレス・セラT4エッセンスは医療レベルの技術で研究開発され、また3Dヒアルロン酸マイクロニードルパッチは最大95%のヒアルロン酸が配合されており、お肌の保湿力を効果的に高めます。ビタミンE、たんぱく質、その他の必要な栄養素が豊富に含まれており、肌の奥深くまで栄養を与え、小じわを効果的に改善し、肌を引き締めます。

EVENT CLOSE
已加入購物車
已更新購物車
網路異常,請重新整理